ランドクルーザープラドのオイル漏れの修理代は?

ランドクルーザープラドオイル漏れ修理代

駆動系にオイル漏れが多い

ランドクルーザーと同様に国内外ともに人気の高いランドクルーザー・プラドですが、ランドクルーザー・プラドはSUVですので、クロスカントリー4WDのランドクルーザー同様に駆動系にオイル漏れのトラブルを抱えることが多くなっています。

 

その一つがデファレンシャルギヤからのオイル漏れ、特に通常FR状態で乗ることが多いことからリヤデファレンシャルギヤからのプロペラシャフトの付け根から漏れることが多く、ほとんど場合はピニオンフランジ部にあるオイルシールの劣化からオイル漏れが起こることになるようです。
修理としてはそのオイルシールの交換をすれば、直ってしまい、その場合はオイルシールの部品代として2000円ぐらい、工賃として15000円ぐらいの費用で済みます。

 

しかし、場合によってはオイルシールの当たり面に摩耗による段差や傷などが出てきていることもあるようで、その場合は フランジも新しいものに交換しなければならないため、プラス2万円ぐらいの部品代と工賃がかかってしまうこともあるようです。
それからトランスミッション、それもオートマチックトランスミッションからのオイル漏れも結構あるようです。
これにはいろいろな原因があるのですが、基本はオイルシールの劣化によるものです。

 

オイルシールの劣化であればそれを新しいものに付け替えるだけで直すことができるのですが、おおもとの原因が単にシールの劣化であればいいのですがシャフトの振れによってシールにダメージを与えてしまっている場合やジョイント部に不具合があって、それがシールに損傷を与えている場合では、オイルシールの交換で一時的にオイル漏れを直すことはできますが、また同じような状態になってしまうことになります。
そうなるとかなりの費用が掛かることが予想されます。

 

オイル漏れを直すよりも買い換えた方が結果的に得するかも!?
⇒今すぐ愛車の査定額を知りたいならコチラ

 

最低でもオイルシールの交換とそれに伴うトランスミッションの着脱、ATフルードの入れ替えなど行いますので20000円ぐらいかかることになりますが先程のように他に原因がある場合はプラス2万円から5万円ぐらいの費用が掛かってしまうでしょう。
ランドクルーザー・プラドの駆動系はランドクルーザーのものとよく似た構造を持っていますが、ランドクルーザーはオフロードを走るために頑丈に作られたもの、一方でランドクルーザー・プラドはあくまでもピックアップトラックのもの使っているので、どうしても弱くなり走行距離が進むといろいろとトラブルが出てきてしまいます。

クラッチオイルの漏れ

それからマニュアルトランスミッションモデルでよくあるのがクラッチオイルの漏れです。
ランドクルーザー・プラドのクラッチは油圧式でブレーキ系と同様な構造を持ちます。

 

クラッチペダルに連動して動くマスターシリンダーによって油圧を生みだし、その油圧でクラッチ板を動かすという構造になっていますが、実はそのマスターシリンダーからオイル漏れを起こすことがよくあるそうです。
修理はマスターシリンダー内のパッキンなどを交換しなければならないためオーバーホールを行うか、交換を行います。

 

多少お金はかかりますができれば交換したいところですが、クラッチレリーズシリンダーをオーバーホールするだけで十分きちんと直すことができますので、それで十分といえば十分だと思います。
費用は工賃含めて2万円も見ておけばいいでしょう。