車のオイル漏れの平均の修理代は?

車オイル漏れ修理代

 

オイル漏れといっても車にはオイルを使った構造があちこちにありますし、その原因によっても修理費用が大きく変わってくるので一概にいくらとは言えません。

 

例えば、エンジンオイル漏れだとするとエンジンオイルドレンボルトのゆるみであれば、増し締めだけで工賃1000円ぐらいで済むこともありますし、念のためドレンワッシャを交換したとしても部品代だけで200円ぐらいで、工賃あわせても2000円以内で済みます。

 

一方、何かしらの原因でシリンダーブロックやシリンダーヘッドなどがゆがみ、そこから冷却水と共にエンジンオイルが漏れているような状態ですと、場合によってはエンジンを下ろしてエンジンを組み替えなければなりませんので20万円から50万円、ひどい場合ですと100万円ぐらいかかることになり、エンジンの乗せ換えをした方が安く上がるといった場合もあります。

 

それからマニュアルトランスミッションにしろ、オートマチックトランスミッションにしろ、CVTにしろ、なかにはトランスミッションオイルが入れられているので、それが漏れることがあります。

 

トランスミッションオイルはエンジンオイルほど豆に交換することがないという性質上、オイル漏れに気が付くのが遅れることが多く、軽症であればパッキン類の交換で済むこともありますが、たった一か所のパッキンを交換するだけでも、トランスミッションオイルを抜き、トランスミッションケースを下ろし、又組み付けるという作業を行うので部品代はそれほどかかりませんが、工賃が30000円以上かかることが多くなります。

 

マニュアルトランスミッションであればまだ安く済みますが、これがオートマチックトランスミッションだったり、特に大掛かりになるのがCVTやDCTで、オートマチックトランスミッションはオイル漏れなどの故障が発生したとしても修理する技術が一般化してきているので部分的に部品交換でオイル漏れを直すことができます。
しかし、CVTやDCTは基本的には修理をすることはなく、オイル漏れを含めて何かトラブルがあるとトランスミッションごと交換ということになり、新車保証などが切れた後に起こると50万円ぐらいの費用が掛かってしまうことになります。

 

それからオイル漏れが結構あるのがデフオイルの漏れ、最近ではFFレイアウトを持つ車が多くなってきたので、トランスミッションと一体となった形でフロントデフが付けられているのでなかなか漏れを発見することが難しくなってきているのですが、FRなどのリヤアクスルに独立した形でデファレンシャルギヤがついているものは容易に見つけ出すことができます。

 

デフオイルの場合はデフケースの接合部やデフオイルを入れるところにあるボルト、プロペラシャフトとの結合部であるミッドフランジ部分からオイル漏れを起こすことが多く、どれもパッキンの劣化などによって引き起こされることが多くなっています。
この場合はデフオイルを抜いてデフケースを下ろして組み替えるということを行うのでそれなりの工賃がかかります。

 

工賃含めて50000円ぐらいかと思われますが、FFやFFベースの4WDですともう少し費用が掛かります。

 

そしてブレーキオイルやクラッチオイルですが、こちらはマスターシリンダーまわりやホースやパイプの亀裂やゆるみなどによって引き起こされるのでそれらの部品を交換したりパッキンを交換したりするだけで済むので作業としては単純です。
しかし、特にブレーキオイルの場合、車全体に油圧系統が張り巡らされているので発見に至るまで少々時間と手間がかかります。

 

これらのものはだいたい30000円から10万円ぐらいとみればいいかもしれません。

 

オイル漏れを直すよりも買い換えた方が結果的に得するかも!?
⇒今すぐ愛車の査定額を知りたいならコチラ

オイル漏れの原因と対処法

車オイル漏れ修理代
自動車に使われているオイルというものは大きく分けで2つの使い方がされています。

 

1つは潤滑のため、これはエンジンオイルやトランスミッションオイル、デフオイル、トランスファーオイルなどのエンジンやギヤなどが組み込まれている部分に使われているものがそうで、一部では冷却の意味も含めて使われています。
そしてもう一つが圧力を生み出すため、これはブレーキオイルやマニュアルトランスミッションの油圧クラッチに使われているもので離れたところに圧力を伝える媒体として使われているものです。

 

これらのオイル系統でオイル漏れを起こしてすぐに顕著な不具合を感じるのが圧力を生み出すために使われている部分、ブレーキやクラッチです。

 

ブレーキの場合は安全策がとられ、二系統で制御しているのでどちらかに不具合があったとしてももう1つでバックアップするのですぐに危険にさらされるということではありませんが、後々きちんと直す必要があります。
クラッチの場合はオイル漏れを起こすと急にクラッチが切れないとか、クラッチの繋がるタイミングが大きくずれるといった症状を引き起こしますので短時間で車が不動状態になってしまいます。

 

これらの圧力系のオイル漏れはゴム製のホースや金属製のパイプなどの亀裂や接合部分のゆるみ、パッキンの劣化などによってオイル漏れを起こすことが多くなっています。

 

この場合は亀裂などが入っているものを交換し、緩んでいる場合は増し締めするということになりますが、ゆるみの場合はほとんどの場合パッキンの劣化が原因になっていることが多いのでそれを交換してからの取り付けになります。

 

それから非常に厄介なのがブレーキ系のマスターシリンダーからのオイル漏れ、これはマスターシリンダー内のパッキンの劣化によって起こるもので、マスターシリンダーごとの交換をしなければなりませんので多少費用が掛かります。
次に潤滑系のオイル漏れですが、こちらは様々な原因があります。

 

特にエンジンオイルの場合は高温、激しい振動などにさらされる場所ですので、オイルの漏れをとめているパッキンやガスケット類の傷みが激しく、更に組み合わせる金属部品同士の熱や振動による変形もあるので、ある程度受け止めることができるのですが、度を越してしまうと正常に取り付けられていてもパッキンやガスケットが漏れをとめることができなくなってしまうのです。
オーバーヒートなどを起こした後のエンジンオイル漏れはその最たるものです。

 

特に発熱量の多いシリンダーブロックとの結合部分や回転することを伴うクランクシールやカムシールなどに症状が出ることが多く、ともにガスケットやパッキン、シール類の劣化や損傷によっておこることがおおくなっています。

 

それからトランスミッション系統ですが、これもエンジンと同様に高温状態にさらされたり、大きな振動が伝わったりすることによって、パッキン類の劣化によってオイル漏れを起こすことが多いのですが、トランスミッションの場合はトランスミッション自体にねじれる方向の大きな力が加わるため、それによってもデフケースパッキンなどの劣化を促してしまうことにもなります。

 

ただ、こういったパッキンやガスケットなどが理由のオイル漏れはそれを交換することによってほぼ完治させることができるので意外と簡単に直ってしまいます。

更新履歴