クラウンアスリートのオイル漏れの修理代は?

クラウンアスリートだけでなく、クラウンシリーズにおけるオイル漏れといったら、やはりショックアブソーバーからのオイル漏れを忘れてはいけません。

 

これはクラウンシリーズやマークXにおいて発生しているものなのですが、ショックアブソーバーのロッド部分の塗装というかメッキ加工が悪く、それによってオイルシールを痛めてしまい、そこからショックアブソーバーの中にあるオイルが出てきてしまうようです。
これは完全なる製造工程での不手際となりますので、無償交換されることになります。

 

ただし、今ではどうだかわかりませんが、稀に不良品と同じロットのショックアブソーバーに交換されることがあり、その場合ですとまた同じような症状が出てしまうので、交換する際はそういったこともきちんと聞いてから交換した方がいいでしょう。
それとまだ直列エンジンが搭載されていたころのモデルではカムプーリーからのオイル漏れが多いようです。

 

年式的なものもありますが、オイル漏れの修理の中では結構多いので、JZ系エンジン特有のものと推測できます。
オイル漏れが発生するのはエンジンのフロント側につけられているカムシャフトを回転させるためのカムプーリーで、これには可変バルブタイミング機構が仕込まれています。

 

カムプーリーには、バルブタイミングを変化させるためにある程度の範囲で回転するような構造が付けられているわけですが、この部分にもエンジンオイルが回ってくる仕組みとなっており、それを食い止めるためのオイルシールが可動部にも付けられているわけです。
そのオイルシールが経年劣化してしまい、エンジンオイルを食い止めることができなくなるとその部分からエンジンオイルが漏れ始め、その周りがオイルまみれになってしまったところで気が付くといった感じです。

 

このカムプーリーは、非分解式で内部のオイルシールだけ交換するということができませんので、カムプーリーごとの交換となります。

 

費用としては工賃が多少かかりますので30000円ぐらいと見込んでおくといいでしょう。
V6エンジンになってから多発しているのがヘッドカバーからのオイル漏れです。

 

これは年式が進むとどのような車でも出てきてしまうもので、仕方がない部分ではあるのですが、このエンジンのヘッドカバーパッキンが耐久性に劣っているのか、それとも構造的に無理があるのかはわかりませんが、比較的早い段階で出るようです。
この部分からオイル漏れが起こるとすぐに発見できるので大事に至ることはほとんどありませんが、全くエンジンルームを開けることがないといった方の場合では発見が遅れることでしょう。

 

オイル漏れを直すよりも買い換えた方が結果的に得するかも!?
⇒今すぐ愛車の査定額を知りたいならコチラ

 

この部分からオイルが漏れて滴り落ちるとエンジンブロックはベトベトになり、エキゾーストマニホールドにまで回ってしまうと発火の恐れがありますので見つけ次第、修理をした方がいいでしょう。

 

修理としてはヘッドカバーを開けて、硬化した古いパッキンを取り外して、新しいパッキンに置き換えるといった形で行い、工賃含めても10000円ぐらいで直すことができます。
しかし、V型エンジンではヘッドカバーも2つありますし、片側で起きたということはもう一方も近いうちに同じ状態になるということですので、同時交換で15000円から20000ぐらいの費用が掛かると思われます。